アクセス数:アクセスカウンター

プルースト

プルースト 『失われた時を求めて』 第一篇「スワン家のほうへⅠ」

昔、新潮社・井上究一郎訳の8巻本を買って読み始めたわたしもそうだったが、『失われた時を求めて』を読もうとする人は最初の10ページほどで挫折する。岩波文庫の今回の新訳でいうと、有名な「ながいこと私は早めに寝むことにしていた」という書き出しか…