アクセス数:アクセスカウンター

木村敏

木村敏 「時間と自己」(中公新書)2/2

p123 鬱病親和的な人は、身近な共同体の範囲内では伝統的で保守的な行動様式を示す。彼らは流行の尖端を行く新奇な服を身につけないといわれるが、彼らはまた、時流に逆行してまで古風な服装を身につけることもしないだろう。彼らの自己同一性は、共同体の…

木村敏 「時間と自己」(中公新書)1/2

木村敏は、ウィキペディアによれば、中井久夫、安永浩らとともに、日本の精神病理学研究の第二世代を代表する人である。「ミュンヘン留学中に書かれた処女論文『離人症の現象学』によって木村の仕事はまずヨーロッパで注目を浴びた。その後「あいだ」を軸に…