アクセス数:アクセスカウンター

片山杜秀

片山杜秀 「未完のファシズム」(新潮社)

宮沢賢治と旧軍指導部の意外な関係 資源をほとんど持たない日本において、戦争指導者たちのファナティックな「哲学」はどのようにして形成されていったのか。 それを日蓮宗系の新興宗教との関連という意外な視点から解きほぐそうとした本である。 満州事変は…